OM総合保証株式会社

完成保証

全国のOM総合保証会員マップ

安心の家づくりを皆さまへ OM総合保証制度 地盤保証制度 土地はお客様の大事な資産です。「OM総合保証 地盤保証制度」は建物を支える建築主様の土地の安心を保証します。

地盤保証制度とは?

住宅引渡し日より10年間、万一に備えた保証

地盤の調査・改良工事に起因して住宅に不具合が起きてしまった場合、その修復のためには多額の費用がかかります。「地盤保証制度」では、住宅の損害に対し、原状回復のための補修を保証します。

「もしも」に備えた安心です

地盤には、埋立地、しっかり硬い地盤、または軟弱地盤や盛土など様々な状態が考えられます。その状態は、外から見ただけでは判断できません。「地盤保証制度」は、専門スタッフが地盤を調査・分析し、「もしも」に備えた安心の保証です。

地盤保証制度の仕組み

保証対象
  • 一般社団法人住宅技術協議会(以下「協議会」という)が指定する登録地盤会社により地盤調査を受けた物件であること
  • 地盤調査の結果、基礎仕様の変更を指示された場合は、それに従った物件であること
  • 地盤調査の結果、地盤改良工事を指示された場合は、「協議会」が指定する登録地盤会社により指示通りに地盤改良工事を行った物件であること
保証期間 保証者による地盤調査または地盤補強工事が完了した後、当該住宅の基礎工事が開始された時(基礎工事に係るコンクリートの打設を開始した時)に始まりその被保証者に引き渡された日から、10年間が経過した日までとします。
保証内容
保証主体
一般社団法人住宅技術協議会と調査・改良工事を行った登録地盤会社の連帯保証
保険会社
大手損害保険会社により保証資力を確保しています。
保証期間
保証者による地盤調査または地盤補強工事が完了した後、当該住宅の基礎工事が開始された時(基礎工事に係るコンクリートの打設を開始した時)に始まりその被保証者に引き渡された日から、10年間が経過した日までとします。
保証内容
地盤の不同沈下等に起因して建物が破損した場合、建物の修復費用と地盤の修復費用を保証
保証限度額
破損した建物の修復費用の実費、但し5000万円限度
  • お問い合わせ
  • 資料請求